Tuesday, January 22, 2019

杖みたいなPropを地面に設置させる方法

僕がどうやっているか、このビデオで教えます。30分ぐらいのビデオです。

Or watch on vimeo here:

Saturday, January 12, 2019

CTNX 2018!!!


11月にCTNというアニメーションエキスポに行きました!毎回、行ったらいつも思い出深い旅になるので、出来るだけ毎年行くようにしています。

以前は大きいグループで行ったり、四人で行ったりしたんですけど、今年は一人で行っちゃいました。でも結局知ってる人が沢山いて、新しい人にも知り合って楽しかった!

一つ思いがけないことがあったんですが、日本人のアニメーター達に会いました。そのグループの中には、僕がアニメーションを始めた会社、ポリゴンピクチュアズで現在働いている人が何人かいました。みんなのアニメーションを一所懸命に頑張る姿勢を見て感動しました。今年にある僕のAnimation Aidのクラスにも興味があるみたで嬉しいかったです。よろしくね!

友達の同僚の紹介でMarriottというホテルで泊まることになりました。そこでCTNのイベント自体が行われているのでとても便利でした。毎朝ゆっくり起きてのんびりも出来ました。

僕にとってはCTNの一番強い魅力はアニメーションの講義です。毎年少し違う感じなので、今年は好きな講義がいっぱいありました。例えば、Pixarの講義で三人の違うレベルのアニメーターが自分のPixarの経験を話してくれました。一番好きだった講義はRyan Woodwardのインタビューだと思います。前から彼のアニメーションは知っていましたが、彼自体あんなに真面目で謙虚な人だなんてびっくりしました。彼の話を聞いて感動しましたし、すごく刺激をもらいました。

出来れば、2019年も行きたいと思います。運が良ければ、もっと日本人のアーティストと出会いたいです。  

ディズニースタジオにある映画館で観ました!

PixarのMichal Makarewiczです!

まさかEric Goldberg!


日本人が大好き!
 

Friday, January 26, 2018

Animsquadの作品


去年の秋から生徒にとして
Animsquadが受けました。この間最後の従業でした。なんでソニーのリードアニメーターがオンラインアニメーション従業が必要か不思議に思ってる方がいるだろう。色々理由があります。

まずは、生涯教育は絶え間ない再訓練を意味するだと本当に思います。特にアニメーションの業界で。他の理由では、ずっと前からやりたかった。今顧みして、もっと前に受ければよかった気持ちがあります。もう一つの理由は、今でも僕はディズニーとピクサー目指しています。その会社のアニメーターから習った方が当たり前だと思います。

忙しい生活の中でオンライン従業を受けるのは無理だろうと思ってる方が多いかもしれないけど、本当にレベルアップしたいなら、その為の時を作られるんですよ。

僕の場合は平日の朝、昼、夜、一時間ずつアニメーションを作りました。その間は仕事と家族の時間でした。暇の時間はゼロになりました。大体毎日だったけど、もちろん出来なかった時もありましたね。

従業は毎週火曜日の夜でした。全クラスに出席しました。それで、毎回自分のショットを見せました。どんな様子でも見せました。フィードバックもらって、次のクラスまでそのフィードバックを直すの上にショット自体進めました。


結局一つ目のショットは1人とキャラクターだけで、大体終わりました。二つ目ショットは半分ぐらい終わったかな。これから終わらしたいと思います。       

Thursday, January 25, 2018

アニメーション業界の新年会❗️

この間アニメーション業界の新年会をやりました!楽しかった!バンクーバーにいっぱい日本人のアーテストが居るのは本当に嬉しいです。よく分からないけど、最近Working permitを取るのは難しくなるらしいです。他の時期よりも今は高いアニメーションスキルが大事ですね。オンラインの学校で勉強するしかないと思います。日本人にとって、もちろんAnimation Aidはちょうどいいと思うんですけれども、英語が分かればAnimation Aid以外はいっぱい選択があります。次の投稿はそれに関して書きたいと思います。

下の動画はアツオさんのVLOGからです。酔っぱらてすみません(笑) 

Friday, January 19, 2018

Happy New Year! 2018 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

お久しぶりです。去年ソニーでリードアニメーターになり、ちょっと忙しくなりました。忙しくてもアニメーションエイドを続けたいと思います。今回の生徒はソニーで僕のチームに入っている他のアニメーターと同じようにフィードバックをあげたいと思います。どんなレベルでいいんですけど、特に長編アニメーション映画を目指してる方に役に立つクラスになると思います。

興味があれば、是非細かい事をサイトで見てください。

Tuesday, August 22, 2017

Emojiのレファレンス

またレファレンスビデオを見せたいと思います。

今回は「Emoji movie」です。
この映画ではいつもよりアクションショットが多かったのでレファレンスを撮る機会は少なかったです。もちろん、アクションショットの為にレファレンスを撮る時もあるけど、今回はあまり必要ありませんでした。

ビデオレファレンスを撮る時、いつもそのショットと同じようなフレーミングで撮影します。例えば、フルボディのショットなら、レファレンスも身体全体が見えるように撮る。Emojiのキャラクターの場合、大体が大きな丸い頭に足と腕が付いているだけなので、ビデオは身体全体よりも自分の顔のアップを撮りました。

ソニーには、レファレンスを撮る部屋があるから、空いていればその部屋を使うし、空いてない時や時間がない時、部屋に行くのがめんどくさい時は自分のデスクや休憩スペースでも撮ります。自分の家で撮る人も多いみたいです。

僕の授業でも、レファレンスを撮る事について色々教えますよ。

Wednesday, August 16, 2017

デモリール 8月 2017年


新しいデモリールを作りました。仕事を探す用じゃないけど、いい参考になればいいと思って作りました。長さはあまり長すぎないように、バラエティがあて、フルCGの映画の仕事向けのデモリールです。

あ まりプロフェッショナルなショットがない場合は、自分で作ったショットでも全然大丈夫です。と言っても、そのショットは目指してる会社の映画にそのまま入 るようなクオリティーと雰囲気が合わなくちゃいけないと思います。デモリールを見てる人達は自分のスタジオのプロジェクトのスタイルに合うかどうかを見て いるからです。

Monday, August 14, 2017

CTN 2017

 
久しぶりですが、今日はCTN Animation Expoを紹介したいと思います。日本人の知らない方が多いし、知ってるけど行くのは無理と思ってる方がいるだろう。早く予約とかすればギリギリより安くて、行けると思います。
CTNはアニメーターの向けの一番大きいエベントです。日本語で説明するのはちょっと難しいし、行くならちょっと英語理解も必要なので、僕のCTNの魅力がリストだけしようと思います。その下にCTNの役に立つのリンクを置きます。
 
ーーーー
アニメーションのレクチャ
  • アニメーション業界のなかでは有名人がレクチャします。生徒でもプロフェショナルでも役に立つだと思います。僕は一番好きのはPixarのMichal MakarewiczとiAnimateのTed Tyのそれぞれのレクチャです。
Open the show with Disney
  • Disney Studiosの中で映画館があります。このイベントではそこでDisney映画とテレビの番組を見ます。見る前に作った人、監督とか、説明してくれます。とても楽しいイベントです。

募集してる会社があります。
  • この部分は結構混んでるんですけど、ちょっと並んで待ったら、好きな会社からman-to-manのデモリールのレビューが出来ます。昨年、僕はBlue SkyとPixarからレビューを貰いました!

Disneyのレジェンドが2Dアニメーションのデモンストレーション
  • 2DのDisneyファンなら、絶対見なきゃ!

他のアニメーターと話せる
  • 新しい友達を作れるし、久しぶり会った人もいる。僕もいる!
アニメーションやアートの本屋
  • 面白い本がいっぱい売ってます。大きい荷物持った保がいいかも!
ーーーー
CTNのメーンサイトはこちらです。
http://www.ctnanimationexpo.com/index.php
チケットを買うのは上のサイトで「Attendee」をクリックして「buy tickets」というボタンがあります。出来れば、VIPはお薦めですけど、3 Day Passでも結構見えます。急にですが、8月15日からVIPの値段が上がります

ホテル選べるとき、CTNのただのバスがあるので、先にこれを見てください。
CTNはBurbankに行うので、LAXの空港からレンタカーする人が多いですが、バスと電車も可能性です。英語ですけど、ここでそういう説明があります。
https://www.mrl.ucsb.edu/~yopopov/directions/lax-bur.html
 
Burbankの空港もあります。しかもイベントの隣です。
ーーーー
では、僕は今年も参加するので、またCTNにつて投稿すると思います。質問などあれば是非聞いてください。

Thursday, May 18, 2017

イーブンスペーシング

今日はスペーシング(間隔取り)について話したいと思います。確かみんなアニメーションの本やアニメーション学校で習ったことがあると思うんですけど、CGアニメーションでは悪いスペーシングになりやすいです。「悪い」というより「イーブンスペーシング」というんです。キーポーズとキーポーズの間に何もしないとイーブンスペーシングになるんです。たまにイーブンスペーシング欲しいけど、大体は良くないです。つまらないです。英語でよく言うんですけど、”Your spacing is too even." 「このスペーシングは平坦過ぎるよ」 。意味は全ポーズの間隔取りは同じです。

上のイメージでキャラクターの頭は左から右に回ってます。Slow In(スローイン)と Slow Out(スローアウト)ちゃんと入ってるけどその間のポーズの間隔は大体同じです。本当はポーズを付けってないので、パソコンが繋げてくれてるだけです。2Dアニメーションで考えたら、間の絵を書いてない状態です。

ですから、スローインとスローアウトのポーズの間にも ポーズ付けなくちゃいけないです。下のイメージで見てください

微妙に違うんですけど、スローインの後はkeyを入れて、もうちょっと大きいスペーシングになってます。下の動画で頭の動きを両方見えます。スペーシングを分かりやすいように鼻をトラッキングしています。自分のアニメーションを作るときもこれがお勧めです。

Smurfs ビデオレファレンス

この間Smurfs: The Lost Villageの作ったショットをアップしましたから、今回はどうやってアニメーションを考えたか見せたいと思います。僕はあんまり絵を描く人じゃないので、ビデオレフレンスを使っています。

ピッタリ合わせるじゃなくて、演技のアイデアとかポーズや動き方の為に使ってます。結局、アニメーションがレファレンスと似てるばいもあるし、結構違うばいもあります。僕がMayaで始まってから違う風にしようと決まるか、リードやSVや監督は違う動き欲しいっという理由もあります。

是非ビデオを見てください。質問があれば下にコメントしてください。

Saturday, April 29, 2017

"oo" shape - Step-by-step

"oo"の音のポーズの話を続けたいと思います。今回はMayaでどうやってooのポーズを作るか教えたいです。僕が一番多くのミスを見るのは、顎を閉じたままでポーズですね。
それじゃあ、下の絵で、一つずつやり方を見せます。今回はKaylaというリグ使ってます。

まずは、顎を開く。

そして、口角「mouth corners」を中の方に押す。

それで唇の外側の方を閉じる。英語ではよく「pinchという動詞を使ってます。

それから、もうちょっと細かい部分もやります。
  • 真ん中の唇をカールする(上は上へ、下は下へ)
  • 顎は前の方、押してもいいかも。
  • あと、歯は見えないはずだから、必要があれば下に押すかスケールしてもいいです。


最後は綺麗にするために色々小さいアジャストします。Asymmetry入れたり、唇の線を綺麗にする。

出来ました!もうちょっと綺麗なポーズに出来るかもしれないと思うんですが、やっぱり時間とリグによるですね。 どうでした、みなさん?役に立ったかな。

** Kayla is a Josh Sobel rig - http://www.joshsobelrigs.com/ **